品質も保証されている|コピー機や3Dプリンターで性能が良いもの|良品選びのコツ

コピー機や3Dプリンターで性能が良いもの|良品選びのコツ

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

品質も保証されている

ウーマン

正規トナーはそのメーカー純正のトナーになり、問題が発生することは少ないですし、また初期不良があった場合には交換もしてくれます。かたやリサイクルトナーはそのメーカーが制作したものではないものの、価格が安くなっているのが特徴です。しかし注意したいのがリサイクルトナーを使用することで何枚の印刷ができるかということです。価格が安くでも印刷できる枚数が少ない場合、単価で価格を比較した場合には逆にリサイクルトナーの方が高くなるケースもあり得ます。単に価格が安いからリサイクルトナーを購入するということではなく、単価を確認することも必要です。単価も確認してリサイクルトナーが安ければリサイクルトナーを購入すればいいです。ただ似たような単価で、価格も似たものであれば、不具合の際の保証等も含めて正規品を検討する余地もあります。

リサイクルトナーとは利用済みカートリッジにトナーだけを再注入したものです。費用はトナーの詰め替え分のみであるため、純正品と比較してかなり低価格です。 しかし、純正品からリサイクルトナーに変えたら交換頻度が多くなり、純正品の半分ほどしか印刷できない等の品質のバラつきが懸念されます。 またプリンターの修理頻度が上がってしまっては、いくら価格面で有利でもトータルコストでのメリットが無かったり、使い勝手が悪かったりするかもしれません。 そのため、リサイクルトナーを購入する際には、実印字枚数を考慮して慎重にリサイクルメーカーを選定する必要があります。例えば純正品の印字枚数比較データをもとにリサイクルトナーの印字枚数と比較します。リサイクルメーカーによって価格も品質もまちまちですので、実印字枚数当たりの価格で比較することが重要です。